ねりすけ塗装工房

プラモデル製作(主にミニ四駆)を行っています。製作代行も承りますので興味のある方は「製作代行について」をご覧ください。ご利用心よりお待ちしております。

11/17

ガイアノーツのウルトラマリンブルーで塗装していきます。 一層目。 二層目。 三層目。 四層目。 四回塗り重ねて、ここまで色が付きました。 以前のマグナムセイバーよりも下地がうまく塗れているのでより綺麗ですね。 ブルーはこれで終わりです。 次はフロ…

11/15

プレミアムレッドをもう一層。 剥がします。 赤のマスキング部分を貼ります。 と、ここで… 危うくライトまで青にしてしまうところでした。 無駄な手間が増えてしまうので確認大切。 ウイングもマスキング。 これで青部分を塗る準備ができました。 青はガイア…

11/13

まずクレオスのGXクリアーオレンジを塗装します。 ガイアノーツのプレミアムレッドを塗装します。 肉眼だとちょっとオレンジ色っぽいので、明日再びプレミアムレッドをもう1~2層吹いてみます。

11/12

マスキングを貼ります。 貼っていきます。 合わせるのがとても難しい… 貼り終えました。 洩れがないようにマスキングゾルも併用していきます。 エンジン部分は赤とガンメタ系の2色塗り指定なので、マスキングします。 これでマスキング完了です。 明日は赤…

11/11

ゴミ等を2000番で削り落としておきます。 スターブライトシルバーのテストピースを2個(同じものです)。 素晴らしい粒子感。 そしてマグナムセイバーのボディに塗装。 満足の仕上がりです。 明日は赤を吹くために青い部分のマスキングをしていきます。 こ…

11/10

はみ出しをカットしました。 そしてブラックの塗装。 使用したのはクレオスのGXシリーズ、ウィノーブラック。 糸くずやゴミは、気になるものを取って上から再塗装します。 このあとシルバーですが、キャノピーはこの黒のままなので、マスキングをしなければ…

11/9

ボディのマスキングは終わり。 ウイングはマスキングゾルを塗って、はみ出しはカットしてみようと思います。 マスキングゾルで隙間をカバー、漏れがないと良いんですが。 明日ウイングのゾルのカットをして塗装に入ります。 バックブレーダー&ディオスパー…

11/8

これが昨夜7日の写真です。 この後ろの部分はどうなってるのかなと悩みました(この写真だと途中まで貼ってしまっていますが) 隣の面を考えると… ピンボケしてしまっていますが、こうすることにしました。 パッケージだとここはグレーなので、ガイアノーツ…

11/6

今日も貼っていきます。 なかなか合いませんねここは…ボディの形とシールの形が合っていないので仕方ないですが いい感じの位置に置くのが難しい 黄色いシールの部分も貼りました。 あとはこの隙間を貼って埋めれば…ですね。 しかしキャノピー周りやエンジン…

11/5

引き続き貼っていきます。 線が繋がる場所はきちんと繋げていきます。 ここがずれるとみっともなくなってしまうので… これだけ貼って、空間を埋めれば赤の塗装に入れます。 赤はウィノーブラック→スターブライトシルバー→GXクリアーオレンジ→プレミアムレッ…

11/4

まずはマスキングを切り出すため、コピーしたシールを貼り、そのとおりに切ります。 切り出した青赤のエリアを貼り付けます。 白のエリアを貼り付けます。 青赤のエリアを剥がします。 残ったマスキングが白のエリアの外縁となります。

10/31

バックブレーダーのウイング。 縦筋状の傷。 サフの時に見えない傷が出てくるものですね… サフで見えない傷、ホワイトでもまだ見えない傷、パール塗装後にでてくる傷があって大変でした。 次回からはヤスリのスタートを400ではなく800か600にして対処します…

10/30

サフです。 ようやく埋まったかな。 次はホワイトからのパールですね。ここが終われば基本の塗装に入れますから…

10/28

ブラックセイバーのウイングは未だ跡が消えません。 サフを切削を繰り返しております。 バックブレーダーのウイングは平滑になりました。 このクリアボディというものは、削っても削っても全然削れてくれない曲者ですね。 通常のプラパーツの比ではないほど…

10/26

白の上にムーンストーンパールを塗装しました。 写真ではわかりませんかね。 ブラックセイバーとマグナムセイバーは傷を発見したのでペーパーかけて再塗装です。 ブラックセイバー、マグナムセイバー、バックブレーダーのウイングにパールを塗装したら穴が浮…

10/23

ホワイトを塗装しました。 使用したのはガイアノーツのアルティメットホワイト。3コート。 マグナムセイバーのボディから。 プレミアムは白い部分の面積がが少ないんですね。 後方のエンジン?部分も塗りますし。 マグナムセイバーのウイング。 Saberの文字…

10/22

埋まりました。 これでサーフェイサーの作業は終わりです、今日はアルティメットホワイト→ムーンストーンパール部分の塗装を始めます。

10/21

バックブレーダーにサフを吹きました。 シャーシの方の傷も消えていました。 裏も消えましたね。 しかしここはなかなか消えてくれません…でも妥協はしませんよ。 このままだとパテが食いついてくれないので削り落とします。 ポリパテを盛りました。 最初から…

10/20

クリアパーツのマスキングをしています。 しかしキャノピーの部分がうまくいかなかったので… まずはマスキングゾルを塗ってみたのですが、塗れているか怪しいので… いくつかに分けて貼りました。 今は各マシン何色から塗るのが良いか考えていて少し手が止ま…

10/17

瞬着を塗り、削って。 ラッカーパテを塗り、削って。 ぱっと見わからないと思ったのですが 影にしてみるとくっきり、これでは困るので一度IPAでサフを落とします。 瞬着の盛りが足りなかったようです。 一通りの部品にガイアマルチプライマー→サフが終わりま…

10/15

ゲート処理を済ませたらば、バリを処理して、スポンジヤスリ600~で水研ぎ。 すごく白飛びしているんですが…洗浄が終わり乾燥中。 ブラックセイバーのウイング裏。こちらも押し出しピン跡がありますね。 マグナムセイバー同様、4つある内の後ろ2つは見える…

10/14

複数台手を付けているので記事の書き方に困りますね。 タグ付けで分類することにしますよ、1つ1つはあまり進んでいないのに3つ~4つの記事は見るのが大変で内容も薄くなってしまいますしね。 一応今の優先度はマグナムセイバー>バックブレーダー>ブラック…

10/12

バックブレーダーにアクシデントです、幸い今の段階で発覚したので少し手間が増えるくらいで済みます。 素材がいつものプラスチックと違うなとは思っていたのですが、サーフェイサーを塗装して、上から軽くなでたらパリパリと剥がれてしまいました。 今の段…

10/09

サフを吹いてみました。 サフはガイアノーツのサフEVO。 思っていた傷は大したことはなかったです。 クリアー部分は傷の確認がしたかっただけなので、表面処理が終わったらコンパウンドで削り落としていきますよ。 というより裏側にありました。 綺麗に磨い…

10/08

最初の表面処理は終わり、削りカスを取るため中性洗剤で洗浄して乾燥させています。 クリアボディは普通のボディに比べ弱いので、あまり熱を与えないように予熱で乾燥させていきます。 明日には乾燥するのでサフ塗装に入ります。

10/06

メッキ落としをしました。 塩素系漂白剤を水で2倍程度に薄め、2時間ほど漬けました。 綺麗にメッキが落ちました、これで普通に塗装できます。 しかしこんなプラの色をしているとは思いませんでした。 灰色と小豆色の中間くらいでしょうか。 次、シャーシの…

10/04

このクリアボディ、やたらつるつるしています。 塗装してマスキングを剥がした際に一緒に塗膜も剥がれてしまいそうなので、足付けのため400番相当のスポンジヤスリで処理しています。 これはバリ取りも兼ねてます。 ボディキャッチ。 ここは緑の丸の部分…

10/01

仮組みしてみました。 かっこいいですね。 最初からなんですが、この真ん中のウィンドウ部分に深い傷があるので、ここはしっかり消さなければなりません。 まず洗ってサーフェイサー吹いてみたほうが良いかもしれませんね。傷の状態がわかりませんし。 ボデ…

9/29

箱の価格表記が900でしたので、当時品ではなく2009年2月21日に再販されたもののようです。 人生初バックブレーダーです。 なので、ほんの少し黄色みはありますが綺麗な方でした。 そしてなんだか他のミニ四駆と違って粘っこい素材ですね。プラと言うよりビニ…

9/29

これでとりあえず消えたと思います。 サフ吹いてみないとわかりませんね。 やはり後ろから見える部分なので処理しておいて良さそうです。 これで他のボディに移ります。まだ400番でしか処理していないので、このあと何度も吹くことになり、一気に吹いてし…