読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねりすけ塗装工房

主に「ミニ四駆をシールを使わず、全塗装で製作する」ブログです。

タミヤ ミニ四駆 サイクロンマグナム プレミアム 製作記

03作目 サイクロンマグナム プレミアム

ゲート処理、パーティングラインの処理、ヒケ処理(主にウイング)。

モヒカンインテークの後ろの穴と、豪&フロントライトのモールドをポリパテで埋め整形。

今思えばモヒカン穴埋めは別にやらなくてよかったと思います。アニメにも後ろの穴書いてありましたし。

中性洗剤で洗浄し乾燥、(C)メタルプライマーを軽く薄吹き、(C)サーフェイサー1000→(C)クールホワイトと塗装。

マスキングして、キャノピーのみ(G)Exブラックで塗装。
テープを剥がし、全体を(C)ムーンストーンパールで塗装。
するとブラックだったキャノピーが、角度でシルバーに見えるようになります。

f:id:tt_blue_falcon:20160923220756j:plain

赤を塗ります。

マスキングし、(G)クリアーレッドで塗装。
リア部分は位置決めが不安で、片側をマスキングしただけで塗装してしまいました。

本来なら同時に吹いてしまいたい部分です。

f:id:tt_blue_falcon:20160923221744j:plainこの写真のように、(C)クリアーオレンジでグラデーションを入れていましたが、赤を塗っているうちにわからなくなってしまいました。
少しずつ塗り重ねていたのですが、調節が難しいですね。
緑の部分はマスキングゾル改、補助として使っています。

f:id:tt_blue_falcon:20160923221749j:plain

テープを剥がしました。

f:id:tt_blue_falcon:20160923221751j:plain

次は青を塗装します。

まずマスキングします。

文字の部分がとてもデリケートで、位置合わせも慎重に。

f:id:tt_blue_falcon:20160923221754j:plain

高級塗料のウルトラマリンブルーを投入。

30ml入っています、私が買ったのは古かったのかドロドロしていて、溶媒液で少し溶いています。f:id:tt_blue_falcon:20160923221908j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20160923221912j:plain

このウルトラマリンブルーは、厚吹きすると真っ青になっちゃいますが、薄く吹くことでクリアーブルーのような使い方ができます。

今回は少し希釈が濃すぎたかなと思いますが、下地がパールなのでその輝きが出ました。
お気づきの方もいるでしょう、うっかりリアカウルを塗るのを忘れてます。

f:id:tt_blue_falcon:20160923221914j:plain
さらにマスキングして、キャノピーを(C)GXディープクリアブルーで塗装。

青が濃くなります、この写真ではいい感じなのですが…実物はまだまだ青かったので(G)Exブラックを薄く溶いて調整しています。

f:id:tt_blue_falcon:20160923221917j:plain

残りの青(リヤカウル)を塗装します。

一部マスキングを剥がします。

f:id:tt_blue_falcon:20160923221920j:plain

青を塗り終え、黄色を塗装します。

マスキングし、(G)クリアーイエローを吹きます。
吹き込みが起きないようにマスキングゾルも併用します。

f:id:tt_blue_falcon:20160923221936j:plain

ウイングも同時進行。

f:id:tt_blue_falcon:20160923221945j:plain

オレンジ部分を塗装します。

(G)クリアーオレンジです。
文字のCの部分にはグラデーションを入れるため、マスキング。

f:id:tt_blue_falcon:20160923221951j:plain

豪はグラデーションを入れません。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222001j:plain

こちらも同じく。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222028j:plain

ここは本来グラデーションではないのですが、好みで入れています。
あまり強調しないよう。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222032j:plain

反対側も同様に。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222034j:plain

黒のラインを入れました。
太さはバランスを見ながら調整していきます。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222036j:plain

左右である程度均一になるように。この時点では左右の違いが若干ありますね。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222043j:plain

一番難しいの小さい文字&細い文字です。1本1本が1mm以下の作業です。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222046j:plain

特に曲線部分が難しいです。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222049j:plain

問題のあるところは修正していきます。

細いマスキングテープを使っているので、どうしても吹き込みや微妙な位置のズレが出てきます。
肉眼ではそこまで寄って見ることはないと思うので、気にならないことなのですが。
こうして拡大写真で見るとよくわかりますからね…なるべく違和感のないように修正していきます。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222042j:plain

豪の文字の黒縁がうまくいかず、ペーパーで削っていたらクリアーイエローが剝げてしまいました。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222051j:plain

ボディのC・MAGNUM&豪のある面は塗装を落とし、やり直します。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222058j:plain

修正1回目

しかしGが気に入らず、再挑戦です。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222123j:plain

3度目の塗装です。
塗装工程は同じです。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222126j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20160923222128j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20160923222130j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20160923222138j:plain周りと同じ発色になるよう注意しながら吹き重ねます。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222141j:plain

3度目となると、さすがに慣れてきましたね。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222145j:plain

こんな細切りをペタペタ貼って剥がしてを繰り返して文字の縁を塗装します。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222222j:plain

一気に覆おうとせず、少しずつ塗っていくことで失敗も少ないかと思います。
手間は増えますけど、覆い残しが出るよりはいいです。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222224j:plain

文字バランスはまず大雑把に切り出して、マスキング塗装します。
文字をバラけさせないことでだいたいの位置決めにもなります。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222228j:plain

3回目にして満足な塗装できました。
この後ムーンストーンパールを全体に塗装。

下地のみより、輝きが出ます。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222231j:plain

シャーシを組み立てます、グリスは塗りません。

f:id:tt_blue_falcon:20160923222540j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20160923222617j:plain

パールを色の上に吹くと、少し白っぽくなります。

f:id:tt_blue_falcon:20160923223022j:plain

写真ではパール感は出にくいんですが、接写するとよく分かりますね。

正確には白のパール感が写真に出ないですかね。

f:id:tt_blue_falcon:20160923223023j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20160923223028j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20160923223026j:plain

これにて終了。