読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねりすけ塗装工房

主に「ミニ四駆をシールを使わず、全塗装で製作する」ブログです。

タミヤ ミニ四駆 ビクトリーマグナム プレミアム その6

04作目 ビクトリーマグナム プレミアム

今回はビクトリーマグナムは登場しません。

Exクリアーで5回コートし、文字や模様の塗装の段差をペーパーで消し、オーバーコートして、現在乾燥中です。

今回はプレミアムガラスパールのお話です。

f:id:tt_blue_falcon:20161013002113j:plain

このようなテストピースを作り、この上にガラスパールを吹き付けてみました。

f:id:tt_blue_falcon:20161013002127j:plain

ウルトラマリンブルー

f:id:tt_blue_falcon:20161013002511j:plain

反射させてみました

f:id:tt_blue_falcon:20161013002514j:plain

クリアーイエロー

f:id:tt_blue_falcon:20161013002517j:plain

反射

f:id:tt_blue_falcon:20161013002521j:plain

Exブラック→Exシルバー→ウルトラマリンブルー

f:id:tt_blue_falcon:20161013002524j:plain

反射

と、やってみたが

ムーンストーンパールなどとは毛色の全く違うもので、率直にいえばラメ。

白ぼけしない、コートに使えるパールということだったが、表面が非常にザラつくのでミニ四駆には使いづらい…

薄め液で1:2程度に希釈して吹いていたら、0.5mmピースが詰まる…。

これはイカン…

このまま吹くにはコンプレッサーのパワー不足。0.2MPaでもだめ。

1:3以上に薄めたら吹けるかもしれないが、なんにせよ粒子密度が高いのが気になる。

ムーンストーンパールの代わりというわけにはいきませんでした。

サイクロンマグナムにはムーンストーンパールを使用しましたが、今回ビクトリーマグナムには使わずに仕上げたいと思います。

 

このままでは使いづらいというだけで、クリアーを混ぜて粒子密度を調整すれば大丈夫と思ってます。

次回作のビートマグナムに取り入れるかどうかは、テストピースでそのうち試します。

今回はここまで。