読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねりすけ塗装工房

主に「ミニ四駆をシールを使わず、全塗装で製作する」ブログです。

タミヤ ミニ四駆 ビートマグナム プレミアム v2 その2

05作目 ビートマグナム プレミアム v2

パテが硬化したのでその部分含め整形していきます。

なぜかツイッターで画像が貼れないのでこちらで。

f:id:tt_blue_falcon:20161018231657j:plain

本日の買い物

・エアテックス ブレードホース 1m

レギュレーターハンドピース間の接続に。軽くて細くてしなやかでよい。

・フィニッシャーズ コンパウンドセット

タミヤのものを使っていたが、興味本位でこちらに変更。フィニッシャーズとか少し豪勢。

・フィニッシャーズ ポリクロス x2

2枚入りだと知らず余計に注文してしまった…

タミヤ モデリングブラシHF 面相筆 極細 x3

前使っていたHGなんとかかんとかブラシが細すぎて使いづらい(あれは眉とか目を描く用途向き)ので少し太いものを選択。値段の割に評判もいいので3本。

実物を見た感じ、細くてシャープ、塗料もしっかり含んでくれそう。

私の用途ではもう1段階太い筆にしても良いかもと思いました。

・ガイアノーツ スターブライトゴールド & スターブライトブラス

これはまあいろいろ使いみちを思い描いています。一番近いので行くと後述のテストピースその2。

・ガイアノーツ Newブラシウォッシュ

筆洗いツールです。中の樹脂のモジャモジャで筆を洗うことでより、筆が傷みにくく。安い筆とはいっても、長く大切に使いたいですからね…。

今回2瓶目の購入となりますが、1瓶目はブラシマスター入れっぱなし→モジャモジャがボロボロに…→そのまま中身をツールウォッシュに入れ替え&入れっぱ→モジャが砕け散る(ベビースターラーメンが如く)→廃棄。

まあ空き瓶はNewスペアボトルと同じものなので、洗浄すれば使えることは使えますが、モジャモジャがあるないで価格が倍程度するので…。

 

・正しく使えば長持ち?

製品の袋にも書いてありますが、使用する時のみ溶剤等を入れ、使用後は中の溶剤等を出して、瓶を乾燥させます。入れっぱなしは駄目なんですね。

自分含め多くの人が通った道なのかもしれませんが(笑)、それさえ守れば長く使えるものだと期待してます。

f:id:tt_blue_falcon:20161018235532j:plain左:処理前、右:処理後

ビートマグナムはパーツ数が多いのもあって、パーティングラインも多いです。

おまけに複雑なパーツなので大変大変、おそらくサフ吹いた後も修正が必要でしょうけど。

この裏の面など、見えない(にくい?)ところは省いてます。

f:id:tt_blue_falcon:20161018235857j:plain

ボディ側。

緑:パーティングライン。

赤:バリやヒケのある面

当て木をした#600番のペーパーで、面を歪めないように削っていきます。

f:id:tt_blue_falcon:20161019000902j:plain

オレンジで囲ったところに丸柱状の突起があります。

目立つので、デザインナイフで大まかに切り落としてからペーパーで慎重に削り落とします。

f:id:tt_blue_falcon:20161019000926j:plain

処理後。

面倒ですけど、こういうところで手を抜いてはいけないんですね。我慢我慢。

f:id:tt_blue_falcon:20161019000133j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20161019000409j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20161019000441j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20161019000503j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20161019000529j:plain

突然のテストピース2号、アイアンマン。

パーティングラインやヒケの処理はなしで、シルバーまではマグナムと一緒に塗っていきます。

なんで写真が多いのかって、後でどこが黄色か赤かわからなくなっちゃうからです(笑)

今回はここまで。