読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねりすけ塗装工房

主に「ミニ四駆をシールを使わず、全塗装で製作する」ブログです。

タミヤ ミニ四駆 ビートマグナム プレミアム v2 その4

05作目 ビートマグナム プレミアム v2

f:id:tt_blue_falcon:20161022004953j:plain

超音波洗浄機に任せきりですが洗浄がすみました。

このあと、タオル等の上でからのハンドピースをエアガン(エアダスター)の要領でパーツの水滴をとばしてあげて、食器乾燥機に入れておきます。

f:id:tt_blue_falcon:20161022005246j:plain

サーフェイサー吹きをはじめました。

使っているのはガイアノーツのサーフェイサーエヴォです。

f:id:tt_blue_falcon:20161022005523j:plain

1:3「程度」に薄めているのでタミヤのベーシックエアブラシでも詰まらず吹けます。隠蔽力も十分、表面も平滑、良いですね。

スポンジヤスリと#2000の耐水ペーパーで撫でてある程度ツルツルにしてやります。

f:id:tt_blue_falcon:20161022005812j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20161022011640j:plain

次は黒を吹きます。Exブラックです。

アイアンマンの顔だけアップで撮ってました(笑)

と、ここで問題発生。

ペーパーで撫でている最中、塗膜がサフごとパリパリと削れてしまいました。

マスキングを貼ってみると一部ペリペリとテープ側にくっついてしまいまして。

考えられる原因はいくつかありました。

・超音波洗浄機に入れた中性洗剤が不足(離型剤、油分が落としきれなかった)

・ペーパー掛けを#1000までやっていたので、つるつるすぎた

おそらくどちらもです(汗)。

この段階での発覚だったので、簡単に修正できます。本当によかった。

いやー…やっぱりぬるま湯+歯ブラシでゴシゴシしないと駄目ですね…。

超音波洗浄機だけでは、どうも信用できません。調べてみるとサフを吹く時の下地は#600~800程度まで荒らせば良いようです。#1000以降はサフレスで製作する時などに。

修正は↑の歯ブラシでゴシゴシ磨き、#600で表面を磨き洗浄しました。

歯ブラシ磨きをかけた段階で、同様に脆かった部分は落ちます。

乾燥機に入れました。明日サフを吹きます。

今回はここまで。

 

・コメントのお返事

ありがとうございます。モチベーションUPにつながりますのでどうぞお気軽に!

返信は同じ記事のコメントにしようかと思いましたが、気づかないんじゃないかなと思ったので、こっちで…いいのかな…見づらかったら記事の方に移植します。

>>イケちゃんさん

当時の記憶が残ってますか、懐かしいですよね。家電量販店で見かけて、私もつい懐かしく(笑)今でも通用するデザインだと思います。

>>gmtagmtagmtaさん

ビークスパイダー(旧キット)のリクエスト、了解です。次回作に入力しておきました。

今はプレミアムが出てますが、あえての旧キットなんですね。気持ちはわかります、シャーシやタイヤの色が違いますから。

塗装色の方向性などありましたらぜひお聞かせください~

なければいつもの通りで制作していきます。