読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねりすけ塗装工房

主に「ミニ四駆をシールを使わず、全塗装で製作する」ブログです。

タミヤ ミニ四駆 ビートマグナム プレミアム v2 その11

05作目 ビートマグナム プレミアム v2

こんばんは、作業しながらレツゴーを見始めて、もうWGP編の半分越えたあたり(ロッソストラーダとアストロレンジャーズが戦うところ)まできてしまったねりすけです。

f:id:tt_blue_falcon:20161031010223j:plain

ボディの青い部分をマスキング。

本当は一気にマスキングして行きたいところなんですが、面がとても複雑なので、何回かに分けて塗っていきます。

f:id:tt_blue_falcon:20161031010232j:plain

もう見ただけで複雑さがわかりますよね、しんどいですよこのマスキングは(笑)

f:id:tt_blue_falcon:20161031010246j:plain

下地のExブラックを塗装しました。

今回はここまで。

 

・コメントのお返事

>>gmtagmtagmtaさん

ビークスパイダー遅くとも年内には完成させたいと考えています、ご期待に応えられるよう頑張ります。

きっかけはー…そうですね。簡単に言うと…

同い年の友人が懐かしさにミニ四駆を買い、アニメを見て、まず弟のミニ四駆を筆塗りで作って、いよいよ自分のマシンを組んだけどなんとなくシールが気に入らず、ネットを何気なくてみていたら「大真面目ミニ四駆シリーズ」というものを発見し、自分も全塗装に挑んでみようと思ったわけです。

以下、すごく長い中身の無い話になりますけど…

少年時代、私は「爆走兄弟レッツ&ゴー」のアニメも漫画も全然見てなかったし、周りにコースを持ってる人もいなかったんで、走らせることもしない…でも、それでもミニ四駆が好き(笑)Vマグナム、Vソニック、サイクロンマグナム、ハリケーンソニックが好きでした。そのあたりで私のミニ四駆の思い出は終了。

WGP編のマシンは全く知らず、ビーダマンやメダロット遊戯王とかに移っていっちゃいましたね。

そして去年の今頃。

同い年の友人が、懐かしさからソニックセイバープレミアムを購入。

私は好きなマシンを選べないし、走らせるところもないし、模型経験者だからかシール使いたくないなぁ…などと考えて手を出せずにいました(笑)

それをきっかけに、「爆走兄弟レッツ&ゴー」を見てみたくなり、私と弟で見始めました。

見ている最中、実際にキットを作って走らせたい!と強く感じましたが、

私は「WGP編を見終わってから、好きな1台を選ぼう」と決めていました(MAXはこの時あんまり興味なかったので…)

そして無印も終盤。

弟がブロッケンギガントを買ったので、その塗装を手がけます。

といっても、8年間ほどプラモデルから離れ、ハンドピースを手放していたので、筆塗り+文字はシールです。正直ひどい。全然満足のいく出来ではなかったです。

そしてWGP編を見終え、私はベルクカイザープレミアムを選択しました。

全く塗装せず、シールのみの素組みです。

コースは高額に感じたので、1月ほどかけてプラダンでコースを作りました。

今こうして振り返ってみると懐かしいですね。

数日後、知り合いからジャパンカップジュニアサーキット(通称:JCJC)を偶然にも譲り受けます。わかってたらプラダン作らなかったです(笑)

そうしながらも、MAX編を見ています。

MAX編は実際見てみたら面白く、夢中で最後まで見てしまいましたね。

弟も気に入ったマシン、ブレイジングマックス、ファイヤースティンガー、フェニックススティンガーを塗ってくれと頼まれます。ここでも文字はシールですが…

こうして経験を積んで、そろそろ別のマシンがほしいなと思った私が選んだのはビートマグナムプレミアム。大径ホイールに惹かれました。

そう、このブログに完成写真だけが載せてあるマシン。私の全塗装マシン、その1台目。

大真面目ミニ四駆シリーズの動画を何度も何度も見返し、様々な苦労がありましたが、完成させた作品です。

その製作中に感じた不満箇所や、やってしまった失敗を、次はこうしてみよう!と製作し続けています。

プロトセイバーEVO、サイクロンマグナム、ビクトリーマグナム、今ビートマグナムで5作目と、まだまだ経験は浅いですが、1台1台「自分用」の気持ちで丁寧に製作しています。本当にいつも自分で使うつもりで作っていますが…(笑)

近々お店のコースデビューも考えてたりします…!

こんなところですかね。長文失礼いたしました!