読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねりすけ塗装工房

主に「ミニ四駆をシールを使わず、全塗装で製作する」ブログです。

タミヤ ミニ四駆 ベルクカイザー その1

08作目 ベルクカイザー

マグナム第1回目のあとですが…計画変更し、ベルクカイザーから制作していきます。

同時に塗ろうと思って作業していましたが

ブラックやシルバーを4台同時に塗ろうとすると、大規模なマスキングをしなければならず、それぞれのマスキング切り出しに時間がかかる

貼りっぱなしもあまり良くないので、1台ずつ制作していくことにしました。

サフまでで止まっちゃいますね。その先からはマシンによって色が違うので難しいです…マグナムセイバーは先延ばしになってしまいますがお待ち下さい。

f:id:tt_blue_falcon:20161228004441j:plain

念願のガラスカッターマットを導入。

使ってみましたが、ミニ四駆のマスキング作業によく合っていると思いました。

ガラスの大きさも小さく(10×10×0.5cm)回転させやすいので、前より切り出しが綺麗になった気がします。

マットに切り込まない分、かける力が適切なものとなり。

マット食い込んで刃が取られることもないので、切り口が綺麗で

刃が長持ちしてる気もしますね。

※個人の感想です。

それと全く傷がつきません。落としたりしなければ永久に使えそうですね。

当然デザインナイフの刃は削れていきますが、今後カッターマットを買い換える必要が無いかな、いい買い物でした。

カッターマットは100均で買えて、頻繁に買い換えるようなものでもないので、それほど負担ではないかもしれませんけどね(笑)

f:id:tt_blue_falcon:20161228005912j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20161228005948j:plain

今までだと、こういう細かい部分(BやRの中)のカットがどうしても上手く行かなくて、困っていました。

狼の目と耳なんて特にで、別に線を切り出して補っていましたね。

f:id:tt_blue_falcon:20161228010048j:plain

位置合わせのために貼りましたが、なかなかうまく貼れません。

このあと何度も貼り直してます。

まぁ枠内に当てはめるのもなかなかうまくいきませんが…(笑)

f:id:tt_blue_falcon:20161228010019j:plain

決まったものはこちら。

カッティングプロッター…には全然敵いませんが、前よりは綺麗にカットできました。

f:id:tt_blue_falcon:20161228010616j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20161228010628j:plain

我ながら、なかなかです。

なにより、マスキングテープだけになっているのがいい気持ちです。

f:id:tt_blue_falcon:20161228010731j:plain

…と調子に乗っていたのもここまで。

切り込みを入れて剥がそうと思ったら、両面テープから上が全然剥がれませんでした。

小さすぎるんですね。

上から、コピー→両面テープ→マスキングテープで切り出しているので

両面テープが強いと剥がれないことが多いんです。

手でペタペタやって粘着力はある程度落としているんですがそれでも…

こうなると、紙の繊維や両面テープについているゴミが塗装の邪魔をしてくるので少々修正をしなければなりません、つらいですね。

この問題を解決するため、弱粘着の両面テープを買ってきて試そうと思います。

ポスター等の仮止めをするもののようです、それでも剥がせないようならさらに指でペタペタします。

でも今使っているものより、弱いことは確かなので良い方向にはいくでしょう。

期待してます(`・ω・´)

今回はここまで。