ねりすけ塗装工房

プラモデル製作(現在は主にミニ四駆)を行っています。製作代行も承りますので興味のある方は「製作代行について」をご覧ください。ご利用心よりお待ちしております。

【製作代行】ビートマグナム プレミアム

マックスブレイカーが完成してすぐ新しいご依頼をいただきました。

今回はビートマグナムプレミアム。

ウイングはビクトリーズではなく、キット仕様のまま。

ライトはおなじみの簡易の方を選択。

白下地シルバーのメタリック塗装。

白黒はパール塗装。

とのことです。

ビートマグナムはもうこれまで3台製作していますが、今まで作ってきたものと完全に同じにならないのも面白いですね~。

さっそくキットを開封し、ボディパーツを切り出します。

f:id:tt_blue_falcon:20180221020517j:plain

目立つヒケとパーティングラインを確認して処理します。

f:id:tt_blue_falcon:20180221020613j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180221020713j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180221020743j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180221020806j:plain

なかなか多いですね。

f:id:tt_blue_falcon:20180221020942j:plain

中でも凶悪なのがこのパーツでしょうか…形状が複雑なので難しいんですよね。

 

ヒケにパテを盛って硬化待ちです。

2/21 2:20

ちょっと忙しいので途中で手が止まっておりますが、お待ちください。

2/25 22:46

内容はどうでも良いことですがパソコンの交換と引き継ぎを行っておりました。

最近どうも調子が悪かったものですから、明日から作業開始したいとおもいます。

2/28 18:41

f:id:tt_blue_falcon:20180303042306j:plain

こちらの部品は600番での処理が終わっています。

ウイングとサスペンション部分はまだ未処理ですが

先に目立つ穴を瞬着パテで埋めていきたいと思います。

3/3 4:25

f:id:tt_blue_falcon:20180308034452j:plain

ウイング裏のこの穴が埋まりました。

600番まで処理しました、残るはサスペンション部分です。

3/8 3:46

f:id:tt_blue_falcon:20180314043621j:plain

少し見づらいですが、片方の処理が終わりました。

f:id:tt_blue_falcon:20180314043630j:plain

この着色した部分にパーティングラインがあります。

写真左端は処理済みです。

f:id:tt_blue_falcon:20180314043815j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180314043825j:plain

形状的に難しいのですが、これで処理できたかなと思います。

このあと洗浄して乾燥してサフを吹き、表面の確認と1000番での研ぎを行っています。

今週来週と忙しく、21日まであまり進められないかもしれません。

3/14 4:41

お待たせしており申し訳ありません、お久しぶりです。

まだ部屋が片付いておらず作業は捗っておりません。

f:id:tt_blue_falcon:20180325081438j:plain

サフを吹いてみました。凹穴は消えたことがわかります。

3/25 8:16

申し訳ないです、再開していきます。

f:id:tt_blue_falcon:20180401212905j:plain

サフを吹いてみて処理が甘かった部分がありましたので、800番のペーパーで処理しました。

f:id:tt_blue_falcon:20180401213013j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180401213015j:plain

具体的にはこの削ってある部分なのですが、ほか全体的にもスポンジヤスリにて処理しました。

明日再びサフを吹きたいと思います。

4/1 21:32

f:id:tt_blue_falcon:20180403233459j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180403233618j:plain

サフ吹きを終えました。

大きな傷もなくなったようですし、次は白→シルバーと塗装していきます。

お待たせしてしまっている状況なので、急ぎたいところですが、手を抜きたくないので慎重に進めていきます。

4/3 23:37

逆風が強くてブースから風邪が逆流してくるのでまだ塗れてません。

明日は塗れるといいと思います。

4/8 5:16

f:id:tt_blue_falcon:20180410023404j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180410023407j:plain

ホワイトを一度塗装しました。

谷間部分が梨地になってしまうので、乾燥後に1000番のペーパーで磨いてます。

明日再びホワイトを塗装します。

4/10 2:36

結構時間があいてしまいました、すみません。

何度か挑戦しているのですが、形状ゆえかなかなかきれいな面になりません。

湿度が高く塗装できない日もありましたがようやく、ホワイトの塗装が終わりました。

f:id:tt_blue_falcon:20180419034732j:plain

前よりは光沢が得られております、

ただこれメタリックの下地なので、ここから磨いていかなければなりませんね。

今は乾燥中なので、1500-2000のペーパーで研磨してシルバー塗装に入りたいです

早くマスキングに移りたいですね

4/17 3:49

f:id:tt_blue_falcon:20180425013523j:plain

ようやく2000番まで磨き終わりました。

ここからシルバーを塗装しようと思ったんですが…

f:id:tt_blue_falcon:20180425013611j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180425013625j:plain

先にブラックを塗装して…。

このパーツはパール塗装の時にふわっとパールを乗せてガンメタリック風にする予定です。

f:id:tt_blue_falcon:20180425013557j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180425013702j:plain

こちらはブラック→シルバーにするパーツ

ついでにやってしまおうと思いましてね。

…が、カップの中のシルバーが途中で切れてしまったので今日はここまで。

4/25 1:41

f:id:tt_blue_falcon:20180428192404j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180428192406j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180428192408j:plain

シルバーを塗装しました。

下地を整えたので綺麗に塗装面に仕上がりました。

ちょっと大げさかもしれませんが、今までで最も綺麗な塗装面に仕上がった気がします(笑)

テストピースで練習した甲斐がありました。(テストピースの方はいくつかゴミが混入…

このあとクリアーでコートし乾燥させ、マスキングしていきます。

4/28 19:28

クリアーを吹きました。写真はありませんが

マスキングテープにシルバーの粒子がつかないようにするためですね。

4/29 3:10

ビートマグナムはステッカー1つ1つが大きいので、ゴッドハンドのガラスカッターマットを注文しました。

…のですが、取り寄せのようでもう少しお待ちいただくことになりますね(´・ω・`)

5/16 14:53

どうやら6月になってもまだ入荷未定とのことなので、28日に直販にて注文します。

残念ですね…ビートマグナムは大きいマスキングが多いので今持っている10cm四方のものより、大きいマットでやりたいのです。

本当に申し訳ありませんが、もう少しお待ちくださいませ

5/24 2:23

梱包して発送準備

おまけですが

梱包です

f:id:tt_blue_falcon:20180209180730j:plain

ウイングがつくミニ四駆は完成後箱に収まらない事が多いので

蓋を開けた状態でエアキャップにくるんでます。

底には新聞紙を敷いています。

f:id:tt_blue_falcon:20180209181006j:plain

その上からエアクッションを入れて終わりです。

それとこちらもおまけのような情報ですが

もし細かい擦り傷が気になる場合、タミヤから出ているモデリングワックス等(他メーカーからもいろいろなものが出ておりますね)を塗り込んでいただくと目立たなくなるかと思います。

ほこりがつきにくくなる効果もあるそうなので、いいかなと。

私は今持っていないのですみません…

18作目 タミヤ ミニ四駆 マックスブレイカー

 製作代行一作目です。

ボックスアート&説明書通りに製作とのご希望です。

そのため説明書では金色指定の部分をパールゴールド→GXクリアーブラウンで銅色に変更。

ミニ四駆のシールの精度の悪さ、マスキングの難しさに悩まされた製作でしたが

地道にやっていくことで時間こそかかってしまいましたがキレイに塗り分けることができ。

ウレタンクリアーでコートした後、ペーパーとコンパウンドで研ぎ出しいたしました。

複雑な面構成でのウレタンコートと研ぎ出しは難しいですね。

ソリッドモデルの場合、研ぎ出しが大変だということを学びました。

それでも苦労した甲斐あって、かっこいいマックスブレイカーができたと思います。

シールでの見本を見ると、なんだかもっさりというかだるいというか、かっこ良くないイメージを持っていたのですが、自分で塗って作ってみるとその印象が変わるのがとてもおもしろいですね。

では作品の写真です。

f:id:tt_blue_falcon:20180209152102j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152112j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152117j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152206j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152241j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152250j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152301j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152306j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152320j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152339j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152346j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152354j:plain

f:id:tt_blue_falcon:20180209152350j:plain

ご覧いただきありがとうございました。